10/14の授業の予習内容

10/14は、教科書"Different Voices" の、Unit2の前半を予習してきてください。
予習内容: pp.12-14
前回(10/7)の授業でみんなから集めたコメント・カードには、「自宅学習でできることは基本的に自分/自宅で、授業でしかできないことに授業の時間を使ってほしい」という声が多数を占めました。ただ、具体的な内容については、少し意見が分かれました。割合が多かった順にまとめると、
(1)CDを使ったリスニング練習は自分でもできるので、それは自宅学習で行い、授業ではリーディング問題の解説、リスニングの答え合わせ、ディスカッションなどを行うのがよいと思う。
(2)教科書は自分で勉強できるので、解答を配ってもらうか、または答え合わせのみ授業で行い、授業ではドラマを使った学習またはディスカッションなどに重点を置いてほしい。
(3)リスニング練習を授業でやるなら、CDではなく、先生の生の声で(速度も調節しながら)やってほしい。
(1−3までが大多数の意見で、以下は少数ですがちらほらと見られた意見です。)
(4)リスニングの授業なので、リーディングやディスカッションではなく、リスニング練習を中心にやってほしい。
(5) 質問タイムは設ける必要はない。特定の人ばかりが質問するので、それ以外の人には時間の無駄。

このように、やはり60人もいるといろんな希望や意見があるので、希望者数の割合の多いものからなるべく優先しつつ、実際に授業をやる上での効果や実現可能性なども考慮しながら、どのように授業を進めていくか、調整していきたいと思います。最初の2、3回を調整期間として、徐々に授業の形式を固めていきたいと思います。
みなさんも、「このやり方はよかった」「これはあまりよくなかった」などの意見や批判や提言をする、授業に自主的・積極的に参加するなど、よい授業にしていくためにぜひ協力してくださいね。よろしくお願いします。

来週の授業では、とりあえず、上記(1)の意見に近い形で、リーディングの簡単な解説、リスニング練習問題(p.14)の私の生の声による練習+答え合わせを行いたいと思います。
また、教科書以外に、発音・リスニングのコツの紹介+発音練習、TVドラマの上映+解説なども行う予定です。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-09 10:03 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

<< 異文化交流ワークショップ 重要!! 教室変更のお知らせ >>