最終成績評価について

期末試験の平均点は、68点でした。
思ったより平均点が高いと思う人が、もしかすると多いでしょうか? 「難しかった~」という声をけっこう聞いたので。
リスニングが中心の試験だったので、全てきちんと聞き取れた問題が少ないということで少々不安を感じた人もけっこういたかもしれません。
しかしこれはTOEICやTOEFLのように機械的に見る試験ではなく、あくまで授業の期末試験です。ですので、一つ一つの問題についてall or nothingのような採点をするのではなく、ある程度まで聞き取れたり理解できたりしていれば、部分点を与えるという形で採点しています。そのように採点した結果、68点というかなり高い平均点になりました。

シラバスに書いてあるとおり、出席点4割と期末試験6割ということで最終成績を出したところ、
受講者数64人、そこから放棄者8人(出席なし7人+期末試験未受験者1人)をのぞいて56人のうち、
優(80-100点) 18人(うち90点以上7人)
良(70-79点) 15人
可(60-69点) 11人
準可(50-59点) 9人
不可(49点以下) 3人

という内訳になりました。
期末試験を受けたのに不可となった3人のうち1人は、学期初めに期末試験の点だけで成績をつけるというオプションに申し出をしていた人ですが、残念ながら期末試験の成績が基準をかなり下回ってしまったので、不可としました。あとの二人は、試験の点数がやはりかなり低かったことと、それに加えて出席回数もかなり少なかったため、救済措置を講じる余地なしと判断し、不可としました。

以上、成績評価の基準とその結果ともに妥当なものだったと考えていますので、救済措置の要望等にはいっさい応じられません。
[PR]

by mowaki93smile | 2006-03-02 16:48 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

英語期末試験で間違いの多かった... >>