カテゴリ:英語II L(後期)・シラバス( 1 )

 

英語II L シラバス

英語II L
担当教員:大脇美智子   研究室:国際社会科学研究棟708(内線:3541)
e-mail: m-owaki@ynu.ac.jp Blog site: http://mowakiynu.exblog.jp

【授業のねらい・目的】
1 英語音声学に基づく発音解説と、ネイティヴ・スピーカーのモデル・リーディングに基づく反復練習を軸とした音読方式の提案・実践を通じて、発音力とリスニング力、さらには英語を語順通りに理解していく速読・速解力を総合的に養うことを目指す。
2 ヴィジュアル教材・CD・文字情報を組み合わせた多角的な教材を用いることで、学生の動機を高め、かつ多角的・総合的な英語運用能力のレベルアップを図る。

【履修目標】
1  発音力を高めることにより、リスニング力を高める。
2  意味の切れ目で区切りながら読む「区切り読み」音読方式に習熟することにより、 意味のまとまりを瞬時に判断し、英文を頭から理解していく能力を養い、英語の速読力・速解力を向上させる。

【授業方法】
1  発音・リスニングのコツの習得と実践
   プリント教材を用いて、発音・リスニングの要となる英語音声学の基礎知識を学び、練習する。
2  教科書(Different Voices)のリーディング教材の一部について、音読練習を行う。
   また、リーディング教材の解釈でつまずいた箇所などについての質問を受けつけ、解説を行う。
3  教科書のリスニング練習問題を行う。
4  アメリカのTVドラマを用いて、聞き取りや発音の練習を行う。ナチュラル・スピードの英語や日常会話に耳を慣らすと同時に、英語のドラマや映画を英語で見る楽しみを知ってもらうきっかけにしたい。
*  学生一人一人の習得状況を確認するため、確認テストを行うことがあります。

【教科書】 Different Voices: Understanding Current Issues in Japan and the World (金星堂)

【成績評価の基準】 出席40%、学期末試験60%
* 出席の基準:(1)必要最低限の自習(予習・復習・課題)を行って授業にのぞむこと。指定した予習や課題ができていない場合は出席不可。(2)30分以上の遅刻は入室不可。(3)授業中に、授業の妨げとなる行為や、授業参加の意思が全くないと見なされる行為を行っている場合は退室してもらう。
* 予習・課題・復習をはじめとする様々なお知らせはなるべく授業時間内に行いますが、補足手段としてブログサイトにも載せますので、こちらも週一回は参照するようにしてください。特に欠席した場合は、次回の授業の範囲や課題などをここで確かめること。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-29 11:43 | 英語II L(後期)・シラバス