カテゴリ:英語IIL(後期)・連絡事項( 28 )

 

次回(11/11)の予定とそれまでの自習内容について

来週(11/4)は、大学祭準備日のため休講になります(^^)

次回11/11の教科書の範囲は、Chapter 3 p.17-21です。
1)記事の復習(Comprehensionの答え合わせを行った後、学生からの記事内容への質問とそれへの答えという形で解説したいと思います)
2)p.20のDialogueの復習+Questionsの答え合わせ
3) Useful Expressionsの答え合わせ
4)これ以外に、できれば記事やDialogueの音読練習なども時間のある限り行いたいと思っています。

復習: 記事を、和訳を参考にしながらもう一度きちんと読み、疑問点があればそこに印をしておく(授業で質問できるように)、授業でやった発音のプリントを参考に、DialogueのCDを聞きながらリスニングや発音練習を繰り返し行うなど。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-29 11:28 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

英語で話すワークショップ

今日、第二回目のワークショップを行いました。
参加者は、留学生4人(ドイツ、ロシア、ルーマニア、イギリス出身)と、日本人学生4人+大脇でした。(しかし日本人学生のうち2人はこのワークショップの発起人なので、それをカウントしなければ、日本人学生の参加者はたったの二人でした。)
とても楽しく、また実のある会話がたくさんできたので、日本人学生の参加者が少なかったのがとても残念だったというか、もったいないなーと思いました。
次回は来週の金曜4時半からです。英語があまりできないから・・・などと尻込みせず、ぜひ参加を。参加したい人は図書館前に4時半に集合してください。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-21 23:17 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

次回(10/28)の予習

*次回(10/28)の予習/自宅学習範囲は以下の通りです。
p17-p20
授業で行う予定の箇所:Exercise 3 +記事の英文読解(記事英文に関する質問を受け付ける時間を5-10分間くらい設けます。)
要望があったので、今後は記事の英文の和訳を配布することにしようと思います。

*今日の授業の復習
p15のDialogueを、CDのNative speakersによる会話を手本にしながら何度も繰り返して発音練習してください。授業でやったように、強く発音されている箇所に自分で印をつけて、それを頼りに発音練習する、あるいは弱く発音される箇所がどのように発音されているかをチェックしながら聞いたり発音したりするなど、練習方法はいろいろあると思います。

出席の基準については、今日の授業でいちおう了解が得られたと思いますので、前回の書き込みで書いた通り、
1)予習していなければ出席不可、2)30分以上遅刻は入室不可、3)授業中に授業妨害になる行為や授業を聴く気がないと判断される態度であった場合は退室してもらう
...これらの条件をきちんと守ってもらった上で、出席を成績判定基準に加えることにしたいと思います。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-21 23:11 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

次回(10/21)の予習について

10/21の授業のための予習範囲は以下の通りです。
Chapter 2 p.15-p.16.
*特にExercise 3: Dialogueを重点的に。今日(10/14)の授業でやった、英語のリズムを意識して、CDのnative speakersの発音をまねて何度も発音練習をするのも、リスニング力と発音力の向上に効果的です。
*Exercise 5: Discussionについては、今日の授業でもアナウンスした通り、各自最低限1−2文以上は英語で話せるように、言いたいことを英語でまとめてきてください。まず自分の意見を述べ、次になぜそう思うのか、必ず理由を述べるようにしてください。

今日の授業の復習
Chapter 2 p. 12-14
*特にExercise1: Listeningの復習を、CDを使ってやってください。
自分でもCDと同じくらい滑らかに、英語のリズムに乗って発音できるようになるまで、何度も繰り返し聞き、リピートするようにすると、効果的です。

Ally McBealのプリント
次回、このプリントにのせた箇所を英語字幕で見ますので、このプリントに目を通しておいてください。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-14 23:31 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

出席と成績評価基準について

出席に関してですが、みんながテストだけでは不安、ぜひ出席点を入れてほしいと思っていることは分かりました。私はそれでもよいのですが、出席を取り、それを成績評価に加えることにするならば、出席のための必要条件を厳しくしたいと思います。
つまり、
(1)予習をやってきていない人は出席不可
(2)30分以上遅刻した場合は入室不可
(3)授業中、他の人の妨げになるような行為、または授業をまったく聴く気がないと判断されるような行為をした場合は退室してもらう(携帯で通話をする、メールをする、周りの人と不要なおしゃべりをするなど)。
など。最低限この3点を守ってもらいたいと思います。ただそこにいるだけで出席になるというのでは、成績の評価基準にするには不適当だと思いますので、この条件に賛成してもらえるなら、出席をとることにしたいと思います。

このような基準で出席をとることにした場合、出席3-4割、テスト6-7割ということにしたいと思います。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-14 17:35 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

授業方法について(今日のコメントから)

今日の授業についていくつか意見がありましたので、それを紹介し、来週からの授業の改善に役立てたいと思います。
(1) 発音とリスニングの基礎についての解説は面白かった。もっとやってほしい・・・ 10人
(2) ちょっといろいろつまみ食いしている感じの授業になってしまったと思う。もう少しやることを絞ってほしい・・・ 3人
(3) 今日のような感じでちょうどよいと思う・・・ 12人
(4) ビデオを見る時間をもう少し増やしてほしい・・・ 2人
(5) 出席は取ってほしい(出席点を成績に加えてほしい)・・・ 大多数 
(出席と成績評価についてはこの後の別項目を参照)

意見はだいたい以上の4点に集約されると思います。
(2)の意見を寄せてくれた人、またこれを読んでそれに同感する人は、ぜひ、「それではどのエクササイズ、またはどの箇所を集中的に取り上げればよいと思うか」、また逆に「どの箇所/またはエクササイズはやらなくてもよいと思うか」に関する、具体的な意見を寄せてください。

私も実は今日の授業はちょっといろいろやりすぎて、つまみ食い的になってしまったなと反省していますので、次回からはもう少しやることを絞っていきたいなと思っています。
ですので、ぜひみんなの意見を寄せてください!! このブログにコメントするか、または私にメールをくれてもいいです。メールアドレスはm-owaki@ynu.ac.jpです。
私自身は、個人的には、Reading用テキスト(記事)の解説を削ればよいのではと思っているのですが、どうでしょうか?
今日の授業はある意味、見本市的なところもあったので、やってみてこれはいい、ぜひ優先的にやってほしいと思ったものから順にリストにして意見をもらえればと思います。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-14 17:34 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

異文化交流ワークショップ

先週の英語クラスではアナウンスしましたが、留学先のドイツとイギリスから帰ってきたばかりの二人の学生が中心になって、留学生と日本人学生が交流する会をこの10月から立ち上げました。
先週金曜日(10/7)に第一回目を行い、ドイツ、ロシア、ラオス、カンボジアそれぞれからの留学生計4人(みんな英語が達者です)、発起人の二人を含めて日本人学生が7人、それと私(大脇)の計12人が集まって、図書館のメディア研修室の一室を借りて、英語でいろんな話をしました。
第一回目だったにも関わらず、とても盛り上がって、本当に楽しかったです。

第2回目は、再来週の金曜日、10/21の4時半から行う予定です。希望者は4時半に図書館前に集合してください。留学生、日本人学生を問わず、大歓迎です。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-09 10:48 | 英語IIL(後期)・連絡事項  

10/14の授業の予習内容

10/14は、教科書"Different Voices" の、Unit2の前半を予習してきてください。
予習内容: pp.12-14
前回(10/7)の授業でみんなから集めたコメント・カードには、「自宅学習でできることは基本的に自分/自宅で、授業でしかできないことに授業の時間を使ってほしい」という声が多数を占めました。ただ、具体的な内容については、少し意見が分かれました。割合が多かった順にまとめると、
(1)CDを使ったリスニング練習は自分でもできるので、それは自宅学習で行い、授業ではリーディング問題の解説、リスニングの答え合わせ、ディスカッションなどを行うのがよいと思う。
(2)教科書は自分で勉強できるので、解答を配ってもらうか、または答え合わせのみ授業で行い、授業ではドラマを使った学習またはディスカッションなどに重点を置いてほしい。
(3)リスニング練習を授業でやるなら、CDではなく、先生の生の声で(速度も調節しながら)やってほしい。
(1−3までが大多数の意見で、以下は少数ですがちらほらと見られた意見です。)
(4)リスニングの授業なので、リーディングやディスカッションではなく、リスニング練習を中心にやってほしい。
(5) 質問タイムは設ける必要はない。特定の人ばかりが質問するので、それ以外の人には時間の無駄。

このように、やはり60人もいるといろんな希望や意見があるので、希望者数の割合の多いものからなるべく優先しつつ、実際に授業をやる上での効果や実現可能性なども考慮しながら、どのように授業を進めていくか、調整していきたいと思います。最初の2、3回を調整期間として、徐々に授業の形式を固めていきたいと思います。
みなさんも、「このやり方はよかった」「これはあまりよくなかった」などの意見や批判や提言をする、授業に自主的・積極的に参加するなど、よい授業にしていくためにぜひ協力してくださいね。よろしくお願いします。

来週の授業では、とりあえず、上記(1)の意見に近い形で、リーディングの簡単な解説、リスニング練習問題(p.14)の私の生の声による練習+答え合わせを行いたいと思います。
また、教科書以外に、発音・リスニングのコツの紹介+発音練習、TVドラマの上映+解説なども行う予定です。
[PR]

by mowaki93smile | 2005-10-09 10:03 | 英語IIL(後期)・連絡事項